Event is FINISHED

みんなのアートと幸せを解き放て! 〜合理化・最適化・利益最大化の時代から、感性・美・創造の時代へ〜

Description
【国際幸福芸術祭×shiawase3.0シンポジウム 合同プレ・イベント】
みんなのアートと幸せを解き放て! 〜合理化・最適化・利益最大化の時代から、感性・美・創造の時代へ〜



「アート」と聞いて、自分には縁遠いと思う方もおられるかもしれません。
「幸せ」と聞いて、今の自分とはかけ離れていると思われる方もおられるかもしれません。

今回のイベントでは、いかにアートや感性がすべての人の人生に鮮やかな力をもたらすかについて、みんなで考えたいと思います。

国内外で注目されているアーティストの西村麻里さん、人事界の女神といわれる島田由香さん、国際幸福芸術祭総合プロデューサー・shiawase3.0シンポジウム共同実行委員長の前野隆司教授(慶應義塾大学)の3人が、アートとは何か、感性とは何か、そして、それらを活かして生きるとは何かについて語りあいます。

また、参加者同士の対話も行い、皆さんと世界にとってのこれからのアートと幸せについて考えます。

なお、本イベントは、3/17の国際幸福芸術祭、3/21のshiawase3.0シンポジウムのプレシンポジウムも兼ねています。3/17と3/21も、お待ちしています!

【開催日時】
2019年2月4日(月) 19:00~21:30(受付18:30~)
日比谷図書文化館 日比谷コンベンションホール(大ホール)
https://www.library.chiyoda.tokyo.jp/hibiya/#access
〒100-0012 東京都千代田区日比谷公園1-4
東京メトロ 丸の内線・日比谷線「霞ヶ関駅」B2出口より徒歩約3分
都営地下鉄 三田線「内幸町駅」A7出口より徒歩約3分
東京メトロ 千代田線「霞ヶ関駅」C4出口より徒歩約3分
JR新橋駅 日比谷口より徒歩約10分

【プログラム】
19:00~19:30 オープニング
「これからの時代を生きるために何が必要なのか?」(前野隆司氏)
19:30~19:50 参加者対話(1)
19:50~20:40 対談
「アートと感性はいかに人の成長に寄与するのか!?」(前野隆司氏、西村麻里氏、島田由香氏)
20:40~21:05 参加者対話(2)
21:05~21:25 国際幸福芸術祭・shiawase3.0シンポジウム告知
21:25~21:30 クロージング・記念撮影

【定員】
200名

【参加費】
2,000円

【登壇者】
西村麻里(画家/CD・コピーライター・CMプランナー)

島田由香(ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社 取締役人事総務部長)

前野隆司(慶應義塾大学、国際幸福芸術祭総合プロデューサー・shiawase3.0シンポジウム共同実行委員長)


【イベント主催者】
HAPPYDAYPROJECT実行委員会・shiawase3.0シンポジウム実行委員会
両実行委員会は有志が集まり、ボランティアで活動しています。

【ご参考】
国連が制定した3月20日の「国際幸福デー」(International Day of Happiness)近くに開催される両イベント、前回は国際幸福芸術祭(旧:HAPPY DAY PROJECT2018)で約5,000名、shiawase3.0シンポジウム(旧:shiawase2.0シンポジウム)で約1,300名にご参加頂きました。
国際幸福芸術祭は2019年3月17日(日)@日比谷公園、shiawase3.0シンポジウムは3月21日(祝)@武蔵野大学 有明キャンパス(いずれも参加費無料)で開催します。

詳細はこちら↓
-----------
国際幸福芸芸術祭
HP:http://happyday-project.org/
Facebook:https://www.facebook.com/happydayproject

shiawase3.0シンポジウム
HP:https://www.shiawasesymposium.com/
Facebook:https://www.facebook.com/shiawasesymposium/
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#403040 2019-01-21 03:53:53
Mon Feb 4, 2019
7:00 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
日比谷図書文化館 日比谷コンベンションホール(大ホール)
Tickets
参加費 SOLD OUT ¥2,000
Venue Address
〒100-0012 東京都千代田区日比谷公園1-4 Japan
Organizer
HAPPY DAY プロジェクト
95 Followers
Attendees
51